分譲太陽光発電とは?

分譲太陽光発電とは?

⇒分譲太陽光発電のことなら日本最大手のこのサイト

 

分譲太陽光発電とは、太陽光発電システムに土地と長期メンテナンスをセットした投資商品です。

つまり「土地付き分譲太陽光発電=太陽光発電システム+土地+長期メンテナンス」となり、三つの要素がパックになっているため、購入するだけで即収益が発生する投資商品なのです。

特に「太陽光発電を始めたいが土地が無い」と、これまでためらっていた投資家の方にとってはうってつけの商品といえます。

それだけに人気は高く、50kW2,000万円という標準的な商品なら、売り出しから1ヶ月以内には完売になるケースがほとんどです。

分譲太陽光発電をいろいろ見てみたい方は日本最大手の下記サイトがおすすめです。

⇒分譲太陽光発電入手についての日本最大手サイト

 

分譲太陽光発電は各販売店がそれぞれ数件しか保有していないのが一般的ですが、それでは中々比較出来ません。

それらの販売店が所有している物件を一手に閲覧出来るこちらのサイトは分譲太陽光発電を探す上で必須のサイトですので一度はご覧になってみてください。

土地付き分譲太陽光発電の何が魅力なのか?

土地付き分譲太陽光発電の何が魅力なのか?

これほど人気を集めている分譲太陽光発電ですが、何にそれほどの魅力があるのでしょうか?

その最も大きな点は「20年間売電が保証されている」ことです。

それは土地付き分譲太陽光発電のほとんどが設備認定を受けており、国から20年の売電が約束されているからです。

それ故に権利取得がいつであっても、kwh32円36円42円の価格で20年間にわたり確実に売電することが可能なのです。

この人気ゆえに、今では太陽光発電のメーカーや販売店さえもkwhが42円や36円の分譲太陽光発電の権利獲得に力を注いでいるのです。

分譲太陽光発電の最大の魅力は10%という高い利回り

分譲太陽光発電の最大の魅力は10%という高い利回り

分譲太陽光発電の大きな魅力はなんと言っても20年間保証される高い利回りです。

つまり安定した収益が長期に渡って見込める点です。これがどれだけ有利なことであるかは他の投資物件と比べてみればよく分かります。

例えばよく引き合いに出されるマンション経営ですが、これには空室や家賃未収リスクが伴います。

また駐車場にしても価格競争による賃料定価リスクが避けられません。

コンビニ経営も然りで、近くに競合店ができれば一気に経営が脅かされます。

それに比べて土地付き分譲太陽光発電はどうでしょうか?

もちろんリスクがまったく無いわけではなく、例えば故障リスクがそのひとつです。

でも分譲太陽光発電ではリスクは管理会社が負うことになりますから事故の損失は少なくてすみます。

それに故障により失う売電額を補償してくれる販売会社もあり、そうなると故障でも実質的な損失はゼロということになります。

また分譲太陽光発電は20年間に渡って同じ価格で買取してくれますから、収益が計算しやすく、たとえローンを組んで購入しても返済計画が立てやすい点が大きな魅力です。

このように分譲太陽光発電は高利回りで安定性が高いというメリットがあるのです。

土地付き分譲太陽光発電が安心できるのはメンテナンスがセットになっているから

分譲太陽光発電はメンテナンスがセット

いろいろとメリットの多い分譲太陽光発電ですが、中でも忘れてはならないのはメンテナンスがセットになっているという点です。

なにしろ太陽光発電が設置されるのは人気の少ない遠隔地が多くなりますから、目が届かない分メンテナンスが気になります。

とくに自然災害や盗難などは補償問題が必ずついてきますから、それらについての取決めは必須課題と言えます。

でも心配はいりません。

なぜなら分譲太陽光発電の物件は、そのほとんどがメンテナンスと補償がセットになっているからです。

これらがセットになっていて嬉しいのは、個人で分譲太陽光発電のメンテナンスを行うと多大な費用がかかるからです。

50kWのものでも1年間のメンテナンス費用は少なく見積もっても30万円程度といわれています。

これが分譲太陽光発電の場合、ひとつのメンテナンス会社に広大な広さのメンテナンスを依頼し、それを多くのオーナーで費用を折半するので自動的に割安になるのです。

土地付き分譲太陽光発電に予算はどれくらい必要か?

土地付き分譲太陽光発電に予算はどれくらい必要か?

土地付き分譲太陽光発電の魅力は、なんと言っても土地を持っていなくても投資ができる点です。

それに投資資金にしても決して莫大な金額ではなく、例えば1000万円以下でも購入可能な物件は少なくありません。

おまけに分譲の場合は土地の所有権や賃貸権がセットになっていますから、わざわざ土地を探す必要はありません。

土地付き分譲太陽光発電は多くの場合、50kW未満の低圧連携が適用の49kW代後半になっていますが、こちらの予算規模は2000万円前後です。

でもこれではちょっと手が出しづらいという投資家には2000万円以下の物件も販売されています。

1000万円以下の物件がオススメなのは金融機関のソーラーローンの無担保融資限度額が1000万円に設定されているからです。

したがってローンの利用による土地付き分譲太陽光発電を検討されている方には、それに見合った1000万円以下の物件が望ましいのではないでしょうか。

ソーラーローンの利用は難しくないのか?

ソーラーローンの利用は難しくないのか?

ソーラーローンは都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信販会社など様々な金融機関が取り扱っています。

条件はそれぞれ異なりますが、定期的な収入がありさえすればどの金融機関でも利用は可能です。

無担保での融資限度額と融資期間はほとんどが1000万円以下15年以内になっています。

また、利子は変動、固定の両方ありますが、住宅ローン顔負けの低い金利のところもあります。

いずれにしても利用にはそれほど敷居は高くはありませんから、資金面の不安がある方は利用を検討してみると良いでしょう。

土地付き分譲太陽光発電の収益性を不安視する人たちもいるが

分譲太陽光発電の収益性は不安?

これまで述べてきたように土地付き分譲太陽後発電は他の投資物件に比べてメリットが多く、今後末永く利益が期待できる極めて有望な投資商品と言えます。

ところが最近になって、「土地付き分譲太陽光発電は投資には向いていない」という声が巷でチラホラ聴こえるようになってきたのですが、いったいなぜなのでしょうか?

考えられる原因の一つは設備費の値上がりによる費用の増大です。通産省は値上がりの理由として次の三つを挙げています。

【1】円安要因
円安の影響による海外商品の値上がりや、国内製品が輸入部素材のアルミやガラスの値上がりの影響をうけた。

【2】工事費高騰要因
景気回復や東京五輪関係の工事が増えたため工事費が高騰した。

【3】産業用太陽光発電設備投資の要因
すべての産業用太陽光発電の設備投資費が31~32万円に固定されており、これが設備費上昇を招き、投資不調の大きな原因になったと考えられています。
以上3点が設備費増大の要因として挙げられていましたが、2016になって設備投資費の相場は25~28万円と下降していますから、もはやこの点には心配ありません。
でも不調の原因はもう一つあると言われています。

それは売電価格の大幅な値下がりです。
売電価格は2012年の42円をピークに2013年36円、2014年32円、2015年29円、2016年24円という風に、年々下落を続けています。
これほど値下げが続くのでは、「売電収入だけで採算が取れるかどうかが不安」という声があちこちで上がっているのです。

土地付き分譲太陽光発電の投資を始めるのが不安な方へのオススメなのは

土地付き分譲太陽光発電の投資を始めるのが不安な方へのオススメなのは

上述の説明で、土地付き分譲太陽光発電の収益性を疑問視する人たちが上げている理由についてはよく分かりました。
これはこれで一理ありますから、不安に感じる事も理解できます。
しかし土地付き分譲太陽光発電の収益性については、もっと視野を広くして見る必要があります。

基本的に産業用太陽光発電を購入する場合は、以下の4つのタイプがあります。
①土地、設備とも自分で用意する場合
②元から土地を所有している場合
③36円土地付き分譲太陽光発電を購入する場合
④42円土地付き分譲太陽光発電を購入する場合
…です。

この場合4つの各々の20年間総利益は次のようになります。
【1】⇒1135万円。
【2】⇒1316万円。
【3】⇒2300万円。
【4】⇒3020万円。

これを見てお分かりのように、現在では①の場合は利益が上がりにくいことは理解できます。
②は自分の土地ですから、土地の有効活用という点でメリットがあります。
③と④はいずれも土地付き分譲太陽光発電ということで、所有や管理が楽なだけでなく収益性が高い点が大きなメリットです。
いかに過去の高い売電価格物件が収益が出やすいかがお分かりいただけると思います。
とはいえ、これらはいまやプレミアム物件ともいわれ、なかなか入手できないのが現状です。
しかし入手方法がまったく無いわけではありません。
したがって現段階で収益性の高い投資を狙うのなら、これらの土地付き分譲太陽光発電を根気よく探すしかありません。

イギリスのEU離脱の影響で土地付き分譲太陽光発電に再び大きな希望が

イギリスのEU離脱の影響で土地付き分譲太陽光発電に再び大きな希望が

しかし世の中は不思議なものです。このところ長い間続いた日本の円安ですが、今回、イギリスがEU離脱することになって、一気に円高に転じて、いまや100円にも届きそうな円高局面へと大変化を遂げたのです。
この円高が土地付き分譲太陽光発電に影響しないはずがありません。
海外から輸入している太陽光発電の機材の価格が下がるのです。したがって設備費や発電コストが大幅に下がり、収益性が高まる事が期待されています。
このまま円高が続けば、設備の高騰で圧迫されていた収益性が一気に改善されると考えられています。

まとめ

これまで見てきたように土地付き分譲太陽光発電には他の投資にはない次のような数々のメリットがあります。

【1】年10%という高い利回り
【2】土地がなくても始められる
【3】メンテナンスや補償がセットになっている
【4】ソーラーローンを使えば資金がなくても大丈夫
【5】20年安定して売電ができる。

こうした多くのメリットがある反面、このところの円高やオリンピック関連の工事などの影響で設備、建築費の高騰による収益性悪化が挙げられています。
反対に、36円や42円などの物件はプレミアムがつくほど高収益を上げています。
こうした商品を探し続けて、その所有に夢をつなぐことも土地付き分譲太陽光発電の魅力と言えます。

⇒分譲太陽光発電入手は日本最大手のサイトへ